スポンサードリンク






スポンサードリンク

温泉の効果

温泉は身の心もリフレッシュしてくれますが、古くから体の治療にも役立っています。よく山でサルが汚した時に、温泉で治療している光景を見ますが、誰にも教わったのではないのに、不思議ですね。

また、競馬の馬も温泉治療をします。怪我や他の病気にも良いそうです。よく温泉に行けば、その温泉地の湯の効能や、効果と言うものが表記されていますが、温泉の水質によって効能は変わってきます。

ですから自分の体のどの部分を直すのかをしっかり把握してから温泉に行く必要があります。胃にいいのか肝臓にいいのか、神経痛にいいのか、冷え性に効くのかです。

本当は一回では駄目ですので、何回も行く必要がありますが、そこがネックになっています。旅行をそう毎日出来る人はあまりいませんね。
posted by ホロン at 21:31 | 温泉について

日本の温泉

混浴温泉
日本は火山が多いために火山性の温泉が多く、温泉地にまつわる伝説、神話の類も多い。
温泉ではその利用の歴史も文献に残されている。
文献としては日本書紀、続日本紀、万葉集、拾遺集などに禊の神事や天皇の温泉行幸などで使用されたとして玉造温泉、有馬温泉、道後温泉、白浜温泉、秋保温泉などの名が残されている。

江戸時代になると貝原益軒、後藤艮山、宇田川榕庵らにより温泉療法に関する著書や温泉図鑑といった案内図が刊行されるなどして、温泉は一般庶民にも親しまれるようになった。

一般庶民が入浴する雑湯と幕吏、代官、藩主が入浴する殿様湯、かぎ湯が区別され、「さむらい湯」などと呼ばれていた。藩では湯役所を作り、湯奉行、湯別当などを置き、湯税を司った。

一般庶民の風習としては湯、寒湯治、花湯治、秋湯治など季節湯治を主とし、決まった温泉地に赴き、疲労回復と健康促進を図った。
「湯治風俗」が生まれたのも江戸時代で、砂湯、打たせ湯、蒸し湯、合せ湯など、温泉の特性を生かした湯治風俗が生まれた。

明治時代になると温泉の科学的研究も盛んになり、昭和以降は進歩によって温泉のもつ医療効果が実証され、温泉の利用者も広範囲に渡った。
posted by ホロン at 17:58 | 温泉について

温泉について

温泉(おんせん)とは地中から湯が湧き出す湯となっている状態、または用語である。入浴施設も温泉と呼ばれる。熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。匂い、効能の温泉がある。

温泉が本物か否かといわれるのは、温泉法の定義にあてはまる「法的な温泉」であるのかどうかを議論する場合が一般的である(イメージに合う合わないの議論でも用いられる場合がある)。

地熱で地下水が自然に湧出するものと、ボーリングによって人工的に湧出あるいは揚湯されるもの(たとえ造成温泉でも)温泉法に合致すれば温泉である。温泉を熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。

地温勾配に従って高温となった深層熱水と、熱源不明のものに分けられる。例として、古代に堆積した植物が亜炭に変化する際の熱によって温泉となったモール泉が十勝川温泉などに存在する。火山性温泉は火山の近くに火山ガス起源の成分を含んでいる。

地下深部にあってボーリングによって取り出されることが多く、海水起源の塩分や有機物を含むことがある。非火山性温泉の中には地温勾配では説明できない高温のものがあり(有馬温泉・湯の峰温泉・松之山温泉など)、その熱や説が提案されているが、段階である。
posted by ホロン at 21:50 | 温泉について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。