スポンサードリンク






スポンサードリンク

北海道の混浴

北海道の混浴について

混浴は全国つつうらうらにありますが、地域、地域によってその性格は違います。

場所についての簡単なコメントです。

「支笏湖から1時間ぐらいで、ニセコグランドホテルの露天が混浴できますよ、ほかに薬師温泉は室内で2浴室、1つは立ち風呂で仕切り板をくぐって行き来出来ます(住所は蘭越町湯の里 アクセスが少し難点のため人は少ないですよ)。支笏湖の丸駒温泉の近くにあったような気がします、湖のすぐそばに。」
「苫小牧から千歳,支笏湖”と限定されると ありませんが、もう少し範囲を広げられれば2〜3あります。
・登別市登別駅の近く:有名な湯小屋です 場所・名前を書けない不文律があるようなので色々検索してみて下さい
・登別市鉱山町:山歩きの装備が必要ですが 本格的な秘湯です
・壮瞥町バンケイ温泉「オサルの湯」:川原に沸く温泉 国道からスグなので人が多いかも」<掲示板からの引用>
posted by ホロン at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の混浴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。