スポンサードリンク






スポンサードリンク

ヨーロッパ圏の入浴

ヨーロッパ圏の入浴

紀元前4世紀頃の、ギリシアの都市に公衆浴場が存在した。

ローマ帝国時代には、各植民都市に共同浴場が作られた。

入浴様式は、蒸し風呂の他に、広い浴槽に身体を浸かる形式もあった

ようだ。217年につくられたローマのカラカラ大浴場は、2000人以上が

同時に入浴できたといわれている。 古代ローマの入浴は、官営病院を

持たなかったローマ人の感染予防施設としても使われた。

ローマの共同浴場は、時代の流れとともに、大衆化し社交場・娯楽施

設としての意味が増してきた。一方で、飲酒蔓延や怠惰の温床にもな

ったといわれる。

次第にキリスト教の厳格な信者からは、ローマ式の入浴スタイルは

退廃的であるとされ、敬遠されるようになった。その後、中世に十字

軍によって再び東方から入浴の慣習が伝わったものの、今度は教会が

入浴の行為は異教徒的として批難した為に、その後は入浴の習慣は

無くなっていった。また共同浴場は、ペストなどの伝染病の温床とい

うイメージも入浴を衰退させる原因になったと言われている。

しかし、1875年にイギリスで、「公衆衛生法」ができ、入浴が奨励

されるようになった。徐々にバスタブによる入浴が行われるように

なった。さらに19世紀、イギリスでシャワーが発明される。以後、

シャワーによる入浴が世界に広まった。(ウィキペディアからの引用)


posted by ホロン at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 混浴について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41629540

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。