スポンサードリンク






スポンサードリンク

混浴のマナー

混浴のマナー

秘湯ブームなどで、マスコミや本にも取り上げられ、単なる好奇心だけで来て入浴するという従来のマナーを知らない入浴者が男女とも増えている。

男性入浴者が、見ず知らずの女性を好奇な目で見ることはマナー違反である。女性が湯に出入りする時、湯船の外を歩く時などは、女性への視線をそらすことが男性入浴者のマナーである。女性にすり寄ったり、触れたりするのはもってのほかである。
男性入浴者が、見ず知らずの女性に自らの性器をあからさまに見せ付けることもマナー違反である。
タオル、手ぬぐいあるいはバスタオルの類は、基本的に湯船内に持ち込み禁止である。テレビの温泉紹介番組の影響で、女性が肌を隠すためにバスタオルを持ち込んで入浴する例が増えている。さらに、湯を含んだバスタオルが重く持って帰るのが嫌なためその場に置き去ってくるということも発生している。
親しい男女が入浴するときでも、周りに他人がいるときには、性的行為に及ぶのはもちろん、変にいちゃつくのはマナー違反である。
マナーの低下が、混浴風呂の減少や水着着用につながっている。逆に貸切り風呂は増加した。男女が性別を意識することなく湯船でくつろぎ、語り合うことができることが混浴の良さであり大切なことである。
posted by ホロン at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 混浴のマナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。