スポンサードリンク






スポンサードリンク

混浴の規制

混浴の規制について

各地方自治体の制定する条例により、混浴が禁止されている

場合がある。

東京都は、混浴時は水着着用を義務にしている。

三重県では、12歳以上の混浴が禁じられている。

兵庫県では、6歳以上の混浴が禁じられている。

2006年8月、兵庫県は三木市営の公衆浴場「吉川温泉よかたん」

の家族風呂が混浴にあたるとの解釈を突然持ち出し使用禁止を

指導。三木市は「開業許可をもらった吉川町時代、カップル

などの他人の混浴については条例に抵触するが、夫婦や家族で

楽しむ家族風呂については県と協議した上で、許可をもらって

いる。県の指導どおりの家族風呂の運用を吉川町時代も当然

ながら、三木市になっても続けてきた。県のいきなりの指導方針

の変更に対し理解に苦しむ」と、遺憾の意を示した。県の指導の

きっかけになったのは、三木市の隣の小野市が公衆浴場「白雲谷

温泉ゆぴか」の顧客開拓策として、県に出した「家族風呂」の

営業許可申請が原因。県が条例違反であると、これを禁じたこと

に対し、小野市が三木市の「よかたん」の例を上げて反論した。

これを受け、まちにある公衆浴場「外湯」めぐりが人気の豊岡市

の城崎温泉(外湯7か所のうち2か所で「家族湯」を備えている)

は、今回の指導を受け、混浴となる家族での利用を禁じる「ただ

し書き」を掲示することになり、事態は小野市の予想を超えて大

きくなってしまった。足を引っ張られた形となった豊岡市にとっ

て温泉は観光資源というより、市の財源を左右する基幹事業。

他市の足を引っ張ってでも、家族風呂を実現したいとする県に

対する小野市の反論方法(手法)に対し、県内では小野市への

懐疑的な見方が広がっている。また温泉客からは県条例の改正

をすべきとの意見が新聞で掲載されたりするなど、混乱が収まり

そうにない様相を呈している。 (ウィキペディアより引用)
タグ:混浴の規制
posted by ホロン at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 混浴の規制
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。