スポンサードリンク






スポンサードリンク

欧州の温泉

ヨーロッパの温泉について

日本の温泉が入浴本位で発展したのに対し、欧州の温泉は飲用を主に、日光浴や空気浴を加えた保養地として発達した。現在でも、鉱泉水を飲んだり、決められた時間だけ湯につかり、シャワーを浴びながらマッサージを受けたりすることは医療行為として認められている。

欧州の温泉地としては、チェコのカルロヴィ・ヴァリ、イギリスの バース、ベルギーのスパ、ハンガリーのブダペスト、ドイツのバーデン・バーデンなどが有名である。

温泉のことは万国語ではスパ(Spa)という。もともとベルギーの温泉地の名前なのだが、チャイナと言う国名が陶磁器のことを指すようになったのと同じように、スパが温泉を意味する万国語になった。
posted by ホロン at 00:33 | ヨーロッパの温泉
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。