スポンサードリンク






スポンサードリンク

日本の温泉

混浴温泉
日本は火山が多いために火山性の温泉が多く、温泉地にまつわる伝説、神話の類も多い。
温泉ではその利用の歴史も文献に残されている。
文献としては日本書紀、続日本紀、万葉集、拾遺集などに禊の神事や天皇の温泉行幸などで使用されたとして玉造温泉、有馬温泉、道後温泉、白浜温泉、秋保温泉などの名が残されている。

江戸時代になると貝原益軒、後藤艮山、宇田川榕庵らにより温泉療法に関する著書や温泉図鑑といった案内図が刊行されるなどして、温泉は一般庶民にも親しまれるようになった。

一般庶民が入浴する雑湯と幕吏、代官、藩主が入浴する殿様湯、かぎ湯が区別され、「さむらい湯」などと呼ばれていた。藩では湯役所を作り、湯奉行、湯別当などを置き、湯税を司った。

一般庶民の風習としては湯、寒湯治、花湯治、秋湯治など季節湯治を主とし、決まった温泉地に赴き、疲労回復と健康促進を図った。
「湯治風俗」が生まれたのも江戸時代で、砂湯、打たせ湯、蒸し湯、合せ湯など、温泉の特性を生かした湯治風俗が生まれた。

明治時代になると温泉の科学的研究も盛んになり、昭和以降は進歩によって温泉のもつ医療効果が実証され、温泉の利用者も広範囲に渡った。
posted by ホロン at 17:58 | 温泉について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。